金融機関で活用できる家族信託

金融機関が民事信託を提案するメリット

・商事信託(信託銀行・信託会社)では対応できない幅広い顧客からの相談に対応をすることができる

・金銭信託の場合、信託口座の開設により預金を集約することができる

・保険見直しを提案する機会が獲得できる

・融資担当者のハウスメーカーや税理士開拓の新たな提案営業の切り口となる

・信託活用によりアパートローンの借り換え需要が発生する

金融機関様よりいただくよくある民事信託の質問

金融機関への民事信託の相談で良く受けるのが下記の2つの質問です。

①既存の担保不動産が信託をされた場合はどうすればよいのか
②新規で受託者に融資することは可能であるか

①既存の担保不動産が委託者から受託者へ信託された場合、債務者は受託者へと変更を行います。一般的な名義変更同様、住宅ローンの債務引き受けがされます。

②「父親名義の不動産を建替えるために、親が担保提供の契約ができない状況になる前に、受託者である息子が担保を組むことは可能であるか」という問題です。

信託財産である不動産を息子に信託をする際、息子が建物解体や建築に関わる全ての行為や銀行からの借り入れ、担保設定などを信託内容に定めておきます。
信託契約の内容に従い息子は融資を受けることが可能になり、金銭消費貸借契約や担保提供も行うことができます。
一方、金融機関としての不安には、担保回収が可能であるかという点でしょう。
結論として、受託者による担保設定を行っても金融機関にとってのリスクはありません。
信託財産の名義は、受託者の息子に変更をしますが所有者は本人であることより、受益権に対する強制執行を行うこともでき、回収不能になる恐れもありません。

いまのところ、信託口座を開設できない、受託者への融資がされない金融機関が多いのが現状です。今後民事信託の普及により、金融機関と司法書士等民事信託の専門家が協力体制を整備することが課題にあげられるでしょう。

まずは当事務所へご相談ください。
個別の状況をヒアリングした上で、ご家族の生涯設計を見据えた民事信託の設計を行います。

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 二次相続以降に資産承継に不安や特定の希望がある方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 株式が経営者以外にも分散しているため集約をしたい方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
和歌山事務所
和歌山県和歌山市五番丁10番地 五番丁ビル
大阪事務所
大阪市中央区道修町2丁目1番10号