解決事例

活用事例⑤お母様の認知症に備えるため家族信託を活用する

状況 昨年夫を亡くしたEさんには2人の子供がおります。現在1人暮らしをしておりますが、最近体の調子が悪く自分の判断能力がなくなったら介護施設へ入所しようと考えております。Eさんには、不動産、預金、国債などの多くの財産がありますが、自分が自宅へ戻れない状況になった場合は自宅の売却による現金を子供たちが分けてくれればよいと思っています。   民事信託の設計 Eさんは、もしも認知症にな
続きを読む >>

活用事例④財産を障碍のある子に定期的に給付できる家族信託

状況 Dさんの一人息子は離婚をしており、前妻との間には子供がおります。 Dさんは資産を持っているために子供に生前贈与をしようとしていましたが、子供に渡してしまうと、前妻との間の子供へも将来的に遺産が渡ってしまうため、できるならば現在の妻との間の孫に直接お金を渡そうとしています。 また、孫は今はまだ幼いためお金を有意義に使うことはできないだろうことから、高校、大学の卒業時に800万円ずつ贈与を
続きを読む >>

活用事例③相続対策継続のために家族信託を活用する

状況 Cさんには子どもが二人、奥様がいますが、財産額が大きく、二次相続が発生した際には子どもが負担する相続税が高額になることが明らかでした。 そこで、相続対策のために民事信託を活用しながら、子ども二人の名義で金融機関からの融資を受けながら収益不動産の建築を検討しています。   民事信託の設計 Cさんの一番の目的は、相続税の節税です。 このままCさんが亡くなると、奥様とお子様が
続きを読む >>

活用事例②財産を障碍のある子に定期的に給付できる家族信託

状況 Bさんには、二人の子供がおります。Bさんは高齢になってきたため将来を心配し、遺言を書こうと検討しています。 Bさんの長男は精神的な障碍があり、財産管理を長男自身がすることには不安があります。そのため、Bさんは自分が亡くなった後、長男が安心して生活をしていくだけの現金と、収益物件からの家賃収入を受け取ってほしいと思っています。 Bさんは、ご自身の死後、長男の面倒は、長女にみてもらいたいと
続きを読む >>

活用事例①共有名義の不動産対策に家族信託を利用する

状況 Aさんは、Aさん名義の収益不動産を一棟お持ちです。 しかし、建物の敷地になっている土地は、Aさん、長男B、長女Cの3人で3分の1ずつを共有していました。 Aさんは高齢であることから、自分が判断能力を失った場合に不動産を売却・管理するのが困難になることが不安です。 できれば不動産の塩漬けを防ぐために1人の名義に変更をしたいのですが、法人新と等を含めてどの方法が一番よいのかというご相談で
続きを読む >>

こんなお悩み・ご希望はありますか?

  • 成年後見制度を利用したあとも、相続税対策をしたい方
  • 障害をもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方
  • 前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
  • 二次相続以降に資産承継に不安や特定の希望がある方
  • 不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方
  • 株式が経営者以外にも分散しているため集約をしたい方
  • 株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安のある方
和歌山事務所
和歌山県和歌山市五番丁10番地 五番丁ビル
大阪事務所
大阪市中央区道修町2丁目1番10号